今!いま!ima!

今日もまた命が減った

どうも!ブログご無沙汰でした。

今日も自由に言いたい事をぶちまけたいと思います。

僕たちの親世代やおじいちゃん世代の方々は一つの事をコツコツとやりなさい。とよく言う。確かにコツコツとやって花が咲く職業もあると思うが正直今の時代には全く合っていないと思っている。

年功序列、終身雇用があった時代はそれで良かったかもしれないが、世の中の進むスピードは半端じゃなく早い。そこに合わせてビジネスをしている、もしくはビジネスをしていこうと考えている若者よ!今すぐ動け!上の意見や、行動に合わせている時間なんてない。僕は現在32歳、青春時代はサッカーに励んでいた。唯一真面目にサッカーだけは頑張っていた。その当時は初心者は球拾いと言う風潮があった。しかし目指すところは日本代表であったり、世界を夢見てみんな頑張っている訳で、球拾いをけなげに頑張ったってネイマールみたいにはなれない。ましてやサッカーで球拾いなんてナンセンス。手を使う時点で。サッカーが上手くなりたい奴は一日中ボールを蹴っている。

仕事も同じで服のデザイナーになりたい奴が、毎日店舗の掃除や服の整理をしてもデザイナーにはなれない。段階を踏もうみたいなくだらない考えは今すぐ捨てたほうが良い。勿論、ビジネスは細かいところも出来てこそ大きなことも出来るということはあるが。

そして人間は変化に臆病になりがち。そして新たなことに挑戦した人間は必ずバッシングを食らうし、本音をぶつけると煙たがられる。

僕が強く思うのは正直言って高齢者と会議しても会議にならない事がほとんど。例えば「SNS」これの説明に何週間もかかる。これって時間の無駄だと思う。わかる奴がやればいいし、任せる勇気と任された側の責任感、そして信頼関係でどうにでもなること。自分もそうだがいつまでもやれる出来ると思ったら大間違い。常に今ある当たりまえを疑う必要がある。

人は死に向かって歩んでいる。今日生きれば、今日分の命が減ったということ。

自分にしか出来ないこと

誰もが出来ることをわざわざ努力してやる必要はない。誰もが出来ないことをやってこそ唯一無二の存在になれる。もしくは誰もが出来ることだが、人の何十倍の量をこなすか。何かで結果をだしたいと思っているなら。

例えば僕なら勉強は出来ない、スポーツもそこそこ、何か取柄があるかと言われれば特にない。自分自身を理解するために20歳くらいの時に自己分析をした。なーんにもなかったが、たった一つだけ「負けず嫌い」だけは誰にも負けない。と言うことがわかった。何も武器がなかったので自分の性格を武器にするしかなかったのです。何をするにも一番じゃないと気が済まない。人に命令されるのは死ぬほど嫌だ。そう言ったことをノートに書きまくったら少しづつ答えが見えて来た。あえてもう一つあげるとしたら妄想力。毎日毎日イメージして挑戦しての繰り返し。変態みたいに思えるかもしれないけど、これが結構いい感じ。常にイメージしてる。くだらない事から大切な事まで。そしてその理想像を沢山の人に喋りまくる!

一番にこだわる必要はないと本気で言う人がいるけれど、それは違う。運動会で二番になりたくて練習する奴がどこにいる。それに一番と二番は大きく違う。日本一の山はわかる。二番目は知らない。日本一の湖はわかる。二番はわからない。一番と二番の差は少しなようで大きい。

無理だと思うな

可能性。これを大きくするも小さくするも自分次第。

こんな話をよく聞く。何かしらのイベントなどの会議あの人は忙しいから時間ないよ!こんな小さなイベントに大物は出てもらえないよ!と。物凄くよく聞く会話です。しかし、無理かどうかは聞いてみないとわからない。相手が大物でビビってしまっているだけ。もしくは自分たちのイベントに自信がないだけ。そのようなことから可能性をどんどん小さくしていく。僕はいつも恐れ多いと思いながらも有名人や画家などにSNSで突然メッセージしてみたり、企業なら突然電話してみたり、自分の想いを手紙に書いて送りつけたりと数えきれないくらいしている。ほとんどが空振りだが、たまに無名の僕を相手してくれる方々がいる。自分の住んでいるエリアにスタバが欲しいと思った時も、思った10秒後には検索して電話をしていた。企画担当者に繋いでもらい色々喋った結果、会ってくれることになった。たった電話一本で良き縁が出来た。

その他にも芸能人、大企業、芸術家、などとにかく会って喋らせてください!10分だけ時間ください!それの繰り返し。たったそれだけで人より人脈が広がり、協力してくださる方も増える。頭を下げることが格好悪いなんて思っている奴はアホだ。自分より能力の高い人にお願いをするのだからコンクリートにめり込むくらい下げろ。

新時代

おいそこの若者よ!ぼーっとしていたらロボットに食われるぞ。これから大半のことをロボットがこなしてしまう時代がやってくる。今まではライバルが人間だったが、これからは違う。ライバルが人間+ロボットだ。今やっていることはロボットにはできないことかどうか?それを考える必要がある。人間にしかできないこと。その中でも自分にしかできないこと。

ロジックや計算では計れないものごとに価値がうまれると言われている。毎日同じ事の繰り返し的な仕事は全てロボットに奪われるはず。

みんな想像もできない未来が来る。。天国か地獄か。

とりあえず僕は大きな目標がある。上京区を寺社仏閣と芸術の力で活性化を図りたい。そのためには組織を大きくする必要がある。現在は5人で活動しているが、もっともっと増やそうと思っている。上京区で一番デカイ組織を作りたい。

無視できないレベルの大きな組織。その第一歩が実はもう。。。今日はここまで。ではまた!!!!!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加